株式会社INSENSの理念

1909

明治42年 八木勇次郎がネクタイメーカー創業
1914年頃明治・大正の有名ネクタイの商標のひとつ日の丸印を展開
1917年頃 業界団体 大阪ネクタイ会の発議・結成など、ネクタイ産業をリードしていく
1920年頃 当時流行した友禅染ネクタイの人気および取扱量で群を抜く

1909

中国、ベトナムでの海外生産を時代に先駆けて行う
1985年 中国 浙江省 福華工場を設立 中国生産をはじめる
1989年 山梨のYMFと共同でベトナム ホーチミンにバウロック工場を設立
1990年 中国、ベトナムで計32台のレピア織機を保有し年間30万本のネクタイの生産を行う

1909

トップブランドとのライセンス契約を中心に事業を拡大
1989年 ダーバンの生地OEM生産
1989年 マリークレールのライセンス契約
1993年 TAKEO KIKUCHI とライセンス契約
1994年 JUNKO SHIMADA ライセンス契約
2005年 オロビアンコとライセンス契約

1909

2013年に八木商店から INSENSへと商号変更
「よりよい」とおもったファッションやデザインが気持ちを前向きに、
高揚させるということを100年のものづくりの歴史の中で実感してきました。
ネックウェアにとどまらず、メディカルウェアや雑貨、小物など他分野へもその気持ちを届けたい。
その強い決意の表れとして、創業時からの商号を変更いたしました。